医学部予備校ならココ~D’rのたまご大集合~

doctor

医学部に特化した予備校

 nurse

大学の中でも難関と言われているのが医学部です。国公立大学の医学部になるとセンター入試で9割以上の点数が取れてないと難しいとまで言われています。全国各地の優秀な学生が医学部目指して頑張っています。そんな医学部に入るためのノウハウを持っているのが医学部予備校です。東京医学部予備校にはどのような歴史があるのかというと、まず大手予備校は1910年代からありました。その頃は、医学部に入りたい人のコースはあったのですが、独立したものではありませんでした。その後、1970年代に入り、医学部予備校が次々と誕生しました。東京や大阪の大都市圏を中心に多く誕生しました。今でも多くの医学部予備校や大手予備校で医学部受験コースを設けたり医学部に特化した予備校が多くあります。

東京なので授業料は高いのではないかと思われがちですが、実際、医学部以外の大手予備校の授業料は、100万円程度でふが、医学部予備校は、300万円から500万円年間かかると言われています。東京などの大都市圏以外に住んでいる学生は、なかなか通えないため寮などを完備している医学部予備校もあり、授業料以外にもこういった寮費もかかることもあります。医学部予備校の授業料が高くなっている理由は、ノウハウを持った優秀な講師や少人数制、個別指導などのきめ細かい勉強ができる雰囲気や設備も整っているところも多いのです。安いところで何年も浪人するよりしっかりと1年間で合格してほしいと思う人も多く、高くても多くの学生が学んでいます。